Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2012秋の旅~東京下町・谷根千編①~  

と~~~っても、ご無沙汰しております。

なんと、前回の記事がロンドン五輪とか・・・

どんだけサボっていたのでしょうか(´・艸・`;)

サボっている間に、書きたいことがイロイロたまっています^^;;

ということで、さっそく行ってみましょー!


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・


先日11月3・4日に、親友Aと毎年恒例の女ふたり旅に行ってきましたー☆

今回の旅は、Aちゃん企画のプラン^^

(いつからか、旅の企画は交代制に。笑)

今年に入って、だんな様の転勤により、東京人となった彼女。

そんな彼女のプランは♪

1日目→東京下町・谷根千エリア(谷中・根津・千駄木)~ぶらり散策・雑貨屋さんめぐり

2日目→栃木県・益子~秋の陶器市・ギャラリー・カフェめぐり

という、もう私にとっても気がおかしくなりそうなくらい、

ドツボすぎる満腹なツアーとなりました~^p^


記事が長くなりそうなので、何回かに分けて投稿したいと思います。


♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・ ♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・ ♩ *゜・ ♪*゜


11月3日(土)晴れ

朝5時に起きる。

なぜこんなに早く起きたかと言うと、朝風呂に入りたかったからです(笑)。

でないと、頭が爆発してるから―!

2日前に美容室行ったから、まだましでしたが^^;

我ながらよく起きれたもんだと思いますが、楽しいことの為には起きれちゃうんですね、ハハハ。

7時ころ家を出発→7時50分頃京都駅発の、のぞみに乗る。


10時半ころに、待ち合わせ場所の日暮里駅に到着、Aと合流~!

ケータイを見ていたのでこちらに気付いていない、親友に近づいていくとき・・・

ひとりでニヤニヤとしてしまいました。怪しいやつです。

遠くから大声で呼びたかったですが、はずかしいのでかなり近づいてから、

「A~!」と、呼んでみました。

再会した時の友の笑顔には、やっぱりいつもホッとします^^


そこから根津駅に移動、まだ11時前!

いつもの休日ならやっと起き出したような時間に、東京の下町にいるなんて!

とても不思議な気分がしました~。


谷根千エリアの散策、はじまりはじまり~♪



まずは、ランチの場所を探しつつ、根津駅の北側をブラブラ。

かき愼さんという、貝の専門店に行ったのですが、

「営業中」という札が出ていたにもかかわらず、

大将が笑顔で「あ、今日は休みです~^^」って・・・orz

ち~~~、深川飯食べたかったです><

ほそ~い路地を歩きながら、ぷらぷら。

ほんとに静かで、おだやかな「下町」って雰囲気でした。

「たそがれ堂」さんという、ちいさなギャラリーに立ち寄りました。

陶器で作られた街並みの壁掛けがかわいかった。

つづいて、「LIBRE」さんというギャラリーへ。

2012111102.jpg


とーっても、モダンな建物出現。

ここは、器やさんとかではなくて、れっきとしたギャラリーでした。

見たことないようなモダンなデザインの陶器の作品たちが、美しく展示されてました。

Aがどんぶりが欲しいと言っていたので、ちょうどよさそうな大きさの器があって、

「A~、どんぶりあるよ」

と、こそこそ話してたら、お値段がぶっ飛んでました。

うしろからマスターがやさしく笑って話しかけてくれ、

「ははは、同じ作家の器でもね~、茶器となると急にお値段が上がるんですよ~^^」

って、教えてくれました。

抹茶椀だったのですね、ひゃー、そっか。

軽率にどんぶりなんて、言うもんじゃありません^^;;;

そのあとも、あきらかに「見てるだけ~」の私たちに、

紳士な初老のマスターは丁寧にいろいろ教えてくれました。

作家さんの発掘方法とか、そんな裏話まで。ありがとうございました!!

いつか、こんな素敵なギャラリーで新進気鋭な作家さんの作品をいただいてみたいものです。



小腹がすいたので、根津神社の近くの老舗のたい焼きやさんで、

根津のたい焼きを。


2012111101.jpg


行列出来てました~。有名なのですね。

それと、1枚づつ丁寧に焼いてくれているからってのもあると思います。

このたい焼き、見た目もめっちゃ美しい。お顔がかわいいです。

ウロコとか大きさがいろいろあって、すごく凝ってますね~!

「ごめんよ~」と言いつつ、頭からガブリといく(笑)。

皮が薄くて香ばしく、今まで食べたたい焼きの皮となにかがちがった。

あんこは甘さ控えめで、しっぽまでたっぷり。

いやほんと、おいしかったです!!


そのあと、もう少し歩いて、「鷹匠」さんというお蕎麦屋さんに。


2012111103.jpg
(Aよ、また無断掲載お許しを 笑)

入り口しか写真を撮り忘れましたが、こじんまりとしてましたが、

キレイで和風モダンな建物でした~^^

ふたりとも、ざるそばをたのみました。

田舎風ってのとふつうのと2種類あって、ふつうのにしました。

これが江戸前のそばってことになるのでしょうか、とにかくのど越し命って感じで、

つるつる~~~っといける細さと、固さはアルデンテよりも歯ごたえあったかも。

そば自体は、のど越しを楽しむ感じで、そば湯でそばの味を楽しむって感じかなと

思いました。

このそば湯が・・・たぶん今までで一番おいしかった。

ほのかに甘みがあって、葛湯のようでした。美味。

あー、思い返すだけでも、また食べに行きたいです(*´艸`)

それとですね、実はこのお店でよく見た顔に出会ってびっくり。

さきほど訪れたLIBREのマスターでした(笑)。

軽くあいさつを交わして・・・・

ご近所にこんなおいしいお蕎麦屋さんがあるなんて、羨ましいです!



お腹もふくれて、またのんびり歩きだす。

いいお天気で、ほんとにのどかでした。下町っていいなぁ♪


kako-xEfoHfnkZSdDz72b.jpg


途中、でっかい黒猫に出会う。

黙々と、椅子に座って絵を描いているおばちゃんがいて(写真の左側の影)、

その横で気持ちよさそうにでっかい猫がごろごろしていた。

黒猫とたわむれるA。

Aに身をゆだねる人懐こいでっかい黒猫。

すると「お~、でっかい猫だな~、何食ってんだ??」

と、ごきげんな声で話しかけてくる自転車のおっさん。(写真奥。)

最初、絵を描いてるおばちゃんの知り合いなのかなと思ったが、

おばちゃんはおじさんのことは(私たちのことも)、完全無視でした。

おじちゃんはひとりで「でかい猫だ」とまくしたて、勝手に満足して引き返していった。

黙々と絵を描くおばちゃん、猫を撫で回すA、身をゆだねる猫、

時代遅れのスーツに自転車の謎のおじちゃん。


おだやかな秋の午後の、ちょっとへんてこなひとこまでした。



~つづく~



スポンサーサイト

category: おでかけ・旅

thread: 国内旅行記 - janre: 旅行

tag: 東京下町  谷根千 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。