Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近読んだ料理本のハナシ  

またまた、図書館で借りた本のハナシなのですが(笑)。

ワタクシ、どうも最近料理本にハマっている??!

軽く衝撃を受けた料理本が2冊。


DSCN0501.jpg


「この国の食を守りたい ―その一端として 辰巳芳子」

この本は、書店でタイトルだけ見てちょっと気になっていたのですが、

図書館に行ったら偶然あったので、迷わず借りてみました。

どうしたことだろう、私がこんな崇高な本を読んでみようと思うなんて。

なぜだかわからないけど、「読みなさい」と本に言われているような気がして。

で、読んでみて・・・・


烈しく反省。


反省の二文字しか出てきません。ごめんなさい!!

ふだん、いかに自分が食について、何も考えてないか思い知らされました。ひゃーヾ(;´Д`●)ノ

そして、食について考えると、社会のことを考えることになるのですね。

この本は2009年の本ですが、放射能のことについても言及されている。

これには、ほんとにどきりといたしました。

ほかにも、環境や科学や政治や憲法や、様々のことを深く考えていらっしゃる。

ほんとに・・・・すごいです。



DSCN0502.jpg


辰巳先生に叱られた気分になって、

明治屋でうかれて買った調味料(笑)たちのこととか、

日頃、やっつけ仕事のように作っている自分の料理とかを思い起こすに、

もうはずかしくてはずかしくて、凹みきった後。

この本を読んだら、元気が出てきました~(←単純orz)

「高山なおみの料理 高山なおみ」

高山なおみさんは、「チクタク食卓」を読んでから、気になる存在ではありました。

レシピ本を見るのは、今回はじめて。
 
このレシピ本は・・・・

私の中で、もしかしたら革命になるかもしれません!!

なんと、2003年の本なのですか、ぜんぜん古っぽい感じとか全くなく、

むしろ、今の時代の気分にすごくしっくりくる気がする。

レシピ本と言うよりむしろ、料理の「素」の作り方と言うかそんな感じなので、

すごく応用が利きそう。

チャラチャラしてなくて、プリミティブな力強さと言うか、

それでいて、田舎のおばあちゃんのようなあたたかさもありつつ。

とりあえず、すり鉢ほしくなりました。

あ、もちろん、この本は買うと思う!!!


スポンサーサイト

category: 日々のこと

thread: **暮らしを楽しむ** - janre: ライフ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。