Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お花とついでに絵の話  

少し更新をサボってしまいました^^;

先日、PCで家計簿をつけようとしている、と書いたのですが、

その家計簿にハマってしまって。

去年1年分の家計簿をとりあえず全部、写しました~。

その話はまたいつか、書こうと思います^^v


♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・ ♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・


さてさて、画像が少したまっています。



先日の記念日のお祝いで飾ったお花をもう少し詳しくキロク。


DSCN0453.jpg


今回は、お花屋さんで選んでもらいました。

アジサイと名前を忘れてしまったが白い花の枝もの。

お花屋さんでお花を買うのはまだ慣れてなくて、たくさんありすぎて選べないので

店員さんに「まったく分からないので・・・」と、助けを求めました。

はじめはこの白い花の枝ものに、赤いお花と黄色いお花の組み合わせを提案してくれたのですが、

「赤いのはないほうがいいです」などと生意気言って、

最終的にこの組み合わせになりました。

うーん、それなら最初から自分で選べばよかったかしら。

たった2本の花のために、お手間を取らせてゴメンナサイと、思いつつ(笑)。

お花屋さんでは、みなさんどのようにお花を選んでるんだろう・・・

お花屋さんとしてはやっぱりアレンジメントがメインだから、

このように一輪挿しみたいな場合は、やっぱり自分で適当に選ぶべきなのかしら~。

などと、ごにゃごにゃ思いつつ。


あ・・・話がそれました。


DSCN0454.jpg


そうそう、今回も床の間の絵は、北見隆さんのリトグラフです。

暑くなってきたので、モノトーンのすっきりしたのがいいんでは、と思って。

絵のタイトルは「午睡」。

いいですね、真夏のお昼寝、大好きです♪



DSCN0451.jpg


ディナーの時に食卓に飾っていたお花は、こちらに移しました。


DSCN0452.jpg



この場所は、縁側のような場所なのですが、スペースがちょっと広いです。

お義母さんのご実家からいただいた古い箪笥。現役で使っています。

そしてここにも絵を。

これはイギリスの作家さんのリトグラフなのですが、とても洋風なので

わが家には合わないわ、と決め込んで飾ってなかったのですが、

もったいないので今回思い切って、飾ってみることにしました。

飾ってみたら、なかなか良かった♪(ワタクシ的に。)

このスカッと感がこれからの季節、さわやかでいい気がする~。

ひさびさに見たら、新鮮。

なんか、かわいらしい。ほほえみたくなる絵です(*´艸`)



DSCN0456.jpg


あじさいがとてもボリュームがあったので、このように3つに分けました。

このいちばん小さなコは、あちこち動かして飾って楽しんでいます。



♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・ ♩ *゜・ ♪*゜・ ♫ *゜・ ♬*゜・



ときどき登場するわが家の絵たち。

(絵と言うか版画なのですが)

若い頃に買ったものの中で、数少ない「買って良かった」と思えるもの。

あら、若いのに絵を買うなんて珍しい、と思われますかね(笑)。

別に、高尚な趣味があったわけではないんです。

ただ、そういうのを扱う会社で働いていただけなのです。

たまたま、そういう環境にあったということ。

うん・・・そうでなかったら、買わなかったかもなぁ。

でも、絵は好きでした。でなかったら、そんな会社選びませんものねぇ。


今思えば、よく思い切って買ったなと思います。

けして、お給料はそれほど高くはなかった(安くもなかったけど。)

でも、毎日見ていたら、いいモノはやはり欲しくなるんです。見れば見るほど。

絵を買ったら、しばらくは他のお買い物は我慢しなくちゃいけなかったけど、

その頃は、私たちにとって絵は、お洋服やほかのものと比較するものではなかったのかも。

それでもし服が買えなかったとしても、何とも思っていませんでした。フシギ。

みんなけっこう買っていましたしね~。

私など、少ない方かもしれません^^;



不思議なもので、買ってからもうずいぶん(いやになるほど)

年月が経ってしまいましたが、今見てもやっぱり「好き」なんですよね。

今でもこうやって、私をウットリさせてくれたり、ハッとさせてくれたりする。

絵ってすごいなぁ。



けして長くはない期間だったけれど、そういう会社に勤められたことは

とてもありがたいことだったなぁ、と思います。

甘くはない仕事でしたが。(女子でも転勤・出張あたりまえ。)

でも、あの頃に絵を買っておいて(価値のあるお金の使い方ができて)、

ほんとに良かった。

そうでなかったら、ロクなもの買ってなかったと思います。



なぜ急にこんな昔のことを書いたかと言うと、

この前遊びに来てくれたお友だちは、一緒の会社で働いていたのです。

そして、まったく同じように感じてたんだなと言うことが分かって。

「買っといてよかったね」って(*´艸`)

はい、今ではなかなかその勇気はありません・・・

でも、こういう価値のあるお金の使い方をしたいものだなと思います。


偉かったね、若かりし頃の私たち(笑)。




またしても、長文・・・^^;

お読みいただいてありがとうございます。

スポンサーサイト

category: 日々のこと

thread: **暮らしを楽しむ** - janre: ライフ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。