Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

こぎん刺しの本と材料  

2012022415300001.jpg


やはり物欲に負け、買ってしまいました(笑)


*「津軽に伝わるやさしい手仕事 こぎん刺し 鎌田久子」
*国産コングレス (ベージュ、淡いクリーム、黒)
*オリンパス こぎん糸 (オフ白731、青緑343、黒900)


手芸の越前屋さんで。

このお店では以前、バテンレースの本を買ったことがありますが、

なかなかマニアックな手芸本を扱ってますね~。

生地も糸も、もっといろんな色がありましたが、

まずはベーシックな色だけ・・・。

変わった色が刺したくなったら、25番刺繍糸もあるし。



2012022415300002.jpg


さっそくちょっとだけサンプル的に刺してみました。

左から、

豆っこ、糸目入り豆っこ、石畳、小枕、糸目入りふくべ(ひょうたん)。

(鎌田さんの本より。)

津軽弁の響きがかわいい(*´艸`)

こんなふうに、文様に一つ一つ、名前がついてるんですね~♪


厳しい冬の間・・・

昔の津軽の女性たちが、こんなふうに身近なものを文様にして

家族や自分の着物に刺しゅうしていたんだなと思うと、

なんだかノスタルジックな気持ちになります。

私が育ったのは長野ですが、

小さな頃育った町の、寒い寒い冬を思い出しました。

寒かったけど・・・辛かったという記憶はなぜかあまりありません。


都会の寒さの方が、なんだか身に沁みますね。





スポンサーサイト

category: 刺繍

thread: 手作り日記 - janre: 趣味・実用

tag: 刺繍  こぎん 
tb: --   cm: 2

コメント

わぁー(*´∀`*)

大量にお買い物!

でもそれが気持ちいいんですよね(;´Д`)

柄に名前!
響きも可愛い(*゚д゚)!

○○ステッチとかのと同じような感覚で名前がついているのでしょうけれど。。。いや、断然可愛い(*´∀`*)

こぎん刺し、なんで伝統的なのに新しくて、和といえば和だし、洋にも見える。。。
魅了たっぷりだなーと、つくずく思います(・´з`・)

URL | maidem #-
2012/02/25 03:04 | edit

maidemさん♪

送料ももったいないので、買うならまとめて・・・
と、ついつい(笑)。
まぁ、それも言い訳ですが^^;;

豆っこ、とか、かわいいよね~~~(。→∀←。)
そうそう、カタカナのなんとかステッチとかもかっこいいけど、
こぎんの呼び方はなんだか、愛きょうがあるというか♪♪


こぎんのそういう良さを、うまく取り入れられたらと
思ってるんだけど・・・
センス磨かなきゃ~~~って思ってます^^;

URL | じゅあん** #-
2012/02/25 16:16 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。