Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

滋賀・長浜、京都の旅~長浜編~  

まずは、先日のSmall WishさんのUPDAYでは、

ご覧いただいた皆さま、お求めいただいた皆さま、

本当にありがとうございました!!!

いつも、感謝の気持ちでいっぱいです(。uωu))

これからも少しづつですが、がんばります!!!


*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・


DSCN1193-1.jpg
(長浜:開知学校)


時系列が少しさかのぼってしまいますが、今年の3月にお友だちが関西に

遊びに来てくれまして、滋賀の長浜と京都市内を小旅行して参りました~。

(まとめるのが遅くなってしまって・・・Aよ、ごめん・・・)

いつも交代で旅当番をするのですが、今回は私のプランでした。

ちょっとしたハプニングもあったり(内容はヒミツ)、濃い~旅となりました(。→∀←。)

長くなるので、つづきは追記に書きまーす!

(下の‐‐続きを読む‐‐をクリックすると記事が開きます↓↓↓)

長浜駅で、お友だちと合流。

長浜は秀吉が初めて居城を構えた場所。駅から降り立つと

とてもノスタルジックで歴史のある街並みが広がっていました。

わ~この街すごく好きかもしれない、とすぐに思いました。


DSCN1199-1.jpg

まずは腹ごしらえということで、お昼は「翼果楼(よかろう)」さんへ。

ここの名物は「焼き鯖そうめん」。やはり地元の名物をいただかなくては。

P1050942-1.jpg

これです。器もおしゃれですね~。

しっかりとした味付けですが、意外と脂っこさはありませんでした。

あー、画像を見てたらまた食べたくなってきた・・・

P1050943-1.jpg

こちらは焼き鯖寿司。これも、おいしかった。

趣のある、とても落ち着ける店内で、ほっこりしました~。


さて、長浜を選んだ理由は今年の大河でブームだから・・・というのは後付けで、

お目当てのギャラリーがあるからでした(*´艸`)

「季の雲(ときのくも)」さん。以前から気になっていたのでした。

のんびり街並みを眺めながら、歩いて季の雲さんを目指します。

DSCN1201-1.jpg

美しい水路と趣ある建物。

P1050948-1.jpg

謎の銅像と記念撮影したり。

(この像は、お花ぎつねというらしい。)

DSCN1204-1.jpg

長浜八幡宮さんにもちょこっと寄ってお参り。

途中道に迷ったりしながら、30分くらい(もっとか)歩いてようやくたどり着きました。

田んぼの中に建物があって、びっくり。

(外観の写真は撮り忘れましたー^^;)

ガラス5人展をやっていて、「吹きガラス でく工房」さんのグラスを買いました^^

ふたりともとても気に入ったので、お揃いで買っちゃいました~(*´艸`)

DSCN1377.jpg

このゆらゆら感がとっても、素敵です。

ほぼ毎日使ってます。かなり大活躍!!すごく手になじんで持ちやすいです。

季の雲さん、素敵なギャラリーでした。スタッフの方も親切で・・・

また行きたいなぁ~~~。


そしてまたもといた黒壁ストリートへ戻り、いろんなお店をぷらぷらと

のぞきました^^

DSCN1208-1.jpg

「油甚」さんでは、香ばしいごま油を。

DSCN1209-1.jpg

「あゆの店きむら」さんでは、小鮎の佃煮などを。


他にも、なぜか長浜とはあまり関係のない、天然石のお店に二人ともはまってしまい、

原石コーナーに釘付けになったりしました(笑)。

購入した原石たちは、今ではすっかり、お部屋のインテリアの一部となっています^^;

DSCN1379.jpg

本来のパワーストーンの使い方とは違うかもしれませんが。

アンティークたちと溶け込んで、これはこれで気に入ってます(笑)。



DSCN1212-1.jpg

ティータイムは、「オステリア・ヴェリータ」さんでシフォンケーキのセットを。

これがまた、お値打ち感があっておいしかったんです♪


そんなこんなで、あっという間に夕方に。

慌てて最後の目的地「安藤家」へ。

DSCN1218-1.jpg

安藤家は室町時代からこの地に住む旧家とのこと。

スゴイですよね、室町時代ですよΣ(゚Д゚;o)

賤ヶ岳の合戦では、秀吉に協力したそうです・・・歴史ロマン過ぎる。

現在の建物は、明治・大正時代に長い年月をかけて建てられたものだそう。

(撮影の許可をいただきました。)

DSCN1219-1.jpg

美しいお庭の向こうには、離れの「小蘭亭」が見えます。

DSCN1223-1.jpg

堂々とした床の間。

P1050971-1.jpg

琵琶湖の波と月を表しているという欄間。

P1050973-1.jpg

なぜかヒキガエル(?!)

P1050974-1.jpg

見事な北山杉の梁。これだけ長くて美しいものは珍しいとのこと。

この建物には、あの北大路魯山人の作品・意匠が数々残されており、

豪商の粋・芸術家の情熱・職人の匠の技が詰まった、建築美の極みといった感じでしょうか。

すごいですね~~~~~~~。

閉館時間が迫っていたので、私たちしかいなかったからか、

ご丁寧に建物、意匠についてや歴史について、いろいろと教えていただきました。

本当にありがとうございました。

すっごく見て良かったです!!!



晩餐は「長浜浪漫ビール」さんで。

たくさん歩いたから、とにかくビール!!!!

P1050981-1.jpg

レトロな建物で、素敵でした!!

P1050985-1.jpg

P1050984-1.jpg

DSCN1237-1.jpg

もうとにかく地ビールはおいしいし、料理も最高にビールに合いました。

そしてそれ以上に、会話が盛り上がる、盛り上がる。

途中から食べるのも忘れて、夢中で話しちゃったなぁ。

あ~~~、ほんっとうに楽しかった(。→∀←。)

結局、電車2本ぐらい逃しちゃったっけ(笑)。

でも、そんなことどうでもよくて、とにかく気持ちよく酔っ払ったなぁ。

旅先で友と飲む酒は最高ですね(*´艸`)


そのあと京都のわが家に泊まってもらって、次の日は京都旅です。

京都編はまた、後日!!




スポンサーサイト

category: おでかけ・旅

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。