Juan's Diary

~ハンドメイドや日々のこと~

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

壁に棚を付けてみた  

DSCN0981.jpg


ずっと念願だった白壁の棚つけ。

やっとかないました。

とりあえずで飾って、暗かったのですが勢いで撮影。


DSCN0982.jpg


自分で古っぽくペイントしたフレームを並べてみたり。

エイジングなペイントも初挑戦で…


DSCN0983.jpg


大好きなリースやドライのお花、洋書など…


ただ棚を付けるだけとはいえ、やはり壁に穴をあけるには勇気がいり、

決断するのに時間がかかってしまいました(笑)。

でも、付けて良かった^^

飾り方とか、勉強したいです。


実を言うと、洗面所もプチリフォームしていまして。

まだ完成していないのですが、これがまた大変でした(汗)。

また、ご報告できたらと思っています。

そして、ハンドメイドもがんばらなくっては!!!




スポンサーサイト

category: 家のこと

thread: 手作り日記 - janre: 趣味・実用

tag: リフォーム  リメイク  ペンキ塗り 
tb: --   cm: 0

合板ドアのペンキの塗り方(ご参考まで)  

DSCN0267-1.jpg



まとめたいなと思いつつ、画像を探すのが少ししんどくて、

遅くなってしまいました><

先のプチリフォームでの合板ドアのペンキ塗りの、

「私の」やった方法です。

合板ドア リメイク ペンキ塗り

などの検索キーワードで来てくださる方が最近、ちらほらいらっしゃいましたので。

私と同じような悩みを抱えていらっしゃる方にひとりでも、

ご参考になればと思いまして。


長くなりそうなので、続きは追記に書きます~。

興味のない方は、もちろんスルーでお願いします(。uωu))


-- 続きを読む --

category: 家のこと

thread: **暮らしを楽しむ** - janre: ライフ

tag: リフォーム  リメイク  DIY  ペンキ塗り 
tb: --   cm: 23

作業部屋のプチリフォーム(いきなり完結編)  

ちょっと更新が空いてしまいましたが、

前回の記事から、作業部屋のプチリフォームもいよいよ佳境へと突入し、

作業に没頭してまして・・・

先週の土曜日に、なんとかやっと完結いたしました!!

もうほんと、長かった、必死だったヾ(;´Д`●)ノそして、イロイロ問題も勃発したのですが、

とりあえずのAfter画像は、コチラ↓↓


DSCN0235.jpg
(After)


Beforeと比べますと・・・

DSCN0106.jpg
(Before 色んな文字は無視してください)


薄汚れた傷だらけの壁と和風感たっぷりの柱、味気ない化粧合板のドアが、

ペンキの力で明るく清潔に、そしてナチュラルに変身できたのではないかと(人´∀`).☆.。.:*・


DSCN0245.jpg


いろいろ不安だった化粧(プリント)合板ドアのペンキ塗り。

結果、一番塗りやすかった上に、仕上がりも良かった気がします。

下地は、サンドペーパー(180番と400番)で粉が軽く出るまでやすりがけしただけ。

あとは、ハケとローラーで普通に2度塗りです。

ローラーの表面の質感が残るのは、どうやらそういうものらしいです。

言われてみれば、少しザラっとした仕上がりも、マットさがより引き立って

味わいが増しているように思えてきました~(笑)。

アンティーク風の真鍮のドアハンドルは、今回のお気に入り^^*

手で握ったときの感触がとてもいいんです~。

主張しすぎないけど、存在感がある、そんな感じ。


古い柱も、ペンキで塗ったら木目が浮かび上がって見えて、

なんだかオブジェのように見えなくも・・ない?!(笑)



DSCN0242.jpg


高いところについていた棚板。

ペンキを塗っているうちに、またまた考えが変わって、

やはりペンキを塗らずにそのまま残すことにしました。

キレイに拭いてみたら、意外といい色合いだったのと、

ちょっとアクセントで残してみるのもいいかなと♪♪

まぁ、塗るのだったら、いつでも後からできますしね~。

それとこのブラケットと言いますか、金具の部分。

緑色でよく言えばジャンクな感じ・・・実際はかなり汚かったので

サンドペーパーかけてペンキで塗ってみましたら、

金属だけどこのように、問題なく塗れました~^^v

(シーラーとかは塗ってないです)

また1年後ぐらいには剥げてくるかもだけど・・・とりあえず成功ということで♪


DSCN0222-1.jpg


今回、何と言っても辛かったのは、この「パテ塗り」!!!

てかもっと言うと、パテのやすりがけ!!!

来る日も来る日も、パテの粉にまみれて・・・・

「こんな事なら、やめときゃよかった。隙間なんてほっときゃよかった。」

というセリフを頭の中で、何度繰り返したか分かりません(-д-;)

一言で言うと何が失敗だったかって「盛りすぎ」。

パテ塗りは初心者にはちょっとハードル高かったかも。

もうパテはしばらく見たくない~。

しかし、粉まみれの後のシャワーの気持ちいいことと言ったら(*´艸`)

この世の極楽でしたーー(笑)。



他にもいろいろやっちまった事などもあって、

書きたいことはたくさんあるのですが、どこからまとめたらいいのかヾ(;´Д`●)ノ

また少しづつ気が向いたら、カテゴリー家のこと、にまとめていきたいと思います~。




DSCN0265.jpg



土曜日は最終仕上げに加えて、掃除&家具の配置DAYでした。

窓拭きして、カーテン洗って、工具や道具類も片づけて・・・

こんな風に家具を並べてみて初めて、

「あぁ、プチリフォーム、やっぱりやってヨカッタ」

と、思えました~゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

配置とかはまだまだ考え中だけど・・・

(あ、ちなみにこの左側のドアは物置のドアでして、ふだんはほぼ

開かずの扉なのです 笑)


DSCN0267.jpg


白い壁に、古い味わいの家具や雑貨たちが、すごく生かされてるように

感じられて・・・

粉まみれ・ペンキまみれで、不安だらけで必死すぎたプチリフォームの日々も

間違いではなかったんじゃないかと思えてきましたー^^*

ダンナは最後まで、柱をペンキで塗ってほしくなかったみたいだったけど、

ワタシ的には、柱を白くしたことで、和風感が一気に抜けたと思います。

この効果はかなり、大きかったはず!!


DSCN0269.jpg


棚板もいいアクセントになったと思います。

アレンジしかけのアラログのかごバッグなどを並べてみました♪

あの忌まわしきパテ塗りの壁も、こうして見ると、漆喰風に見えなくもない??

なーんて、急に前向きになってみたり(笑)。


DSCN0274.jpg


ディスプレイを考えてるうちに、夕方になってしまいました。

洋書の飾り方は、まだまだ考え中だけど(笑)。

ペンキがマットな質感なので、夕日の光を吸収して、

やわらかな色合いでとても綺麗でした~^^*

ふと思い立ってベランダで育てているハニーサックルの

伸びすぎた枝を切って、ビンに差してみました。

なんだかアートなオブジェのようにも見えて、植物って美しいですね!!

自然は偉大だ~~。



*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。



長々とした記事になってしまい、毎度ごめんなさい・・・

もっとうまくまとめられたらいいのですが。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。

最後に、今回すごく感じたことは、「ペンキの力ってすごい!!」

これに尽きます。

私のようなDIY初心者で、女性一人でも、こんなに劇的にお部屋のイメージを

変えられるなんて。

しかももっと言うと、コストパフォーマンス高し(笑)。



***参考本やサイトなど***

「丸林さんちの手作り家具帖2 カフェスタイルな、お部屋改装術 丸林さんち 著」
(壁にペンキを塗るという発想をくれた本)

「壁紙屋本舗」
(ペンキの扱い方・下地の作り方 ペンキはこちらで購入)

「Junk&Rustic Colors」
(アンティークブラスハンドルはこちらで)


***使用ペンキ***

壁面・木部 「イマジンウォールペイント 爽快な朝」 

合板ドア 「オールドビレッジ バターミルクペイント Yellowish White」


category: 家のこと

thread: **暮らしを楽しむ** - janre: ライフ

tag: リフォーム  リメイク  DIY  ペンキ塗り 
tb: --   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。